ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

4月22日(土) M33月例セミナー『バイオジェット燃料開発への挑戦』

2017年 4月のMIT-VFJ月例セミナーは、
『バイオジェット燃料開発への挑戦』と題し、世界初となる古着を原料とした航空機燃料の製造に着手されている 日本環境設計さま、グリーン・アース・インスティテュートさまに登壇いただきます。
昨年末に発表された、日本航空がリサイクル企業と組み、世界初となる古着を原料とした航空機燃料の製造に乗り出したプロジェクトの講演です。両社は、イオンなど小売り12社の回収網を使い古着を集め、衣料に含まれる綿から微生物を使って燃料をつくり、2020年の試験運航を目指しています。

技術ベンチャーの設立から協業へ至った経緯、バイオジェット燃料の今後についても講演頂きます。
みなさま、是非お越しください。

■ 日時
2017年 4月22日(土)15:00~17:30(14:30開場)
※本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。
お知り合いやご友人にも是非ご紹介ください。

■ 場所
品川産業支援交流施設SHIP
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
(JR大崎駅より徒歩5分)
http://www.ship-osaki.jp/access/

※ 品川産業支援交流施設SHIP 見学ツアー開催
会場スポンサーである品川産業支援交流施設SHIPの見学ツアーを、本セミナー開催前に実施します。
SHIPは、オフィス・ネットワーキングスペースだけでなく、3Dプリンターや工房があるベンチャーインキュベーション施設です。
見学されたい方は、14:30に会場へお越しください。

■ 定員
60名
※席数に限りがありますので、希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

■ ゲスト
日本環境設計株式会社
代表取締役社長 髙尾正樹 様
http://www.jeplan.co.jp/
(ご経歴)
東京工業大学工学部(化学工学)卒業後、2004年4月東京大学大学院にて技術経営を専攻。同大学院中途退学後、2007年1月に当社を設立。専務取締役に就任。
2013年より早稲田大学非常勤講師も務める。

Green Earth Institute株式会社
代表取締役社長 伊原智人 様
http://gei.co.jp/ja/
(ご経歴)
1990年 通商産業省(現在の経済産業省)入省
2005年 (株)リクルートのテクノロジーマネジメント開発室に転職
2011年 内閣官房国家戦略室でエネルギー政策担当
2013年 Green Earth Institute株式会社に入社

■ 講演概要
1.ATJプロジェクトについて
日本環境設計が展開する古服回収システムで得られる綿繊維を原料とし、GEIがバイオリファイナリー技術により、イソブタノールを作り、バイオジェット燃料を製造するプロジェクト。2020年の東京オリンピック・パラリンピックには、このバイオジェット燃料を積んで、JALの飛行機が日本の空を飛翔することを目指す。

■登壇企業の紹介
1.Green Earth Institute 株式会社
代表取締役 : 伊原智人
事業内容 : 革新的バイオリファイナリー技術 RITE Bioprocess®を活用した各種バイオマスを原料とするグリーン製品の開発生産
設立 : 2011 年 9 月
住所 : 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ
URL : http://gei.co.jp/ja/

2.日本環境設計株式会社
代表取締役社長: 髙尾正樹
事業内容 : リサイクルインフラの構築・運営、BRING プロジェクトの企画・運営
設立 : 2007 年 1 月
住所 : 東京都千代田区霞が関 3-2-5 霞が関ビルディング 5 階
URL : http://www.jeplan.co.jp/

■ 参加費(懇親会費含む)
一般の方の参加費は、3,000円です。
MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員で “事前登録”をされた方の参加費は、1,000円です。
SHIP会員の方も、”事前登録”をされた方は、参加費1,000円です。当日、SHIP会員証をご提示ください。

※事前登録の締め切りは、前日12:00です。
前日12:00を過ぎた後の登録は、皆さま(MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員・SHIP会員も)3,000円となります。
会場受付にて参加費を支払いをお願い致します。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

定員に達していない場合は、当日の参加も受け付けておりますので、是非お越しください。

■参加登録方法
1. Peatixよりご登録ください。
http://mitvfjseminar201703.peatix.com

※一度申し込まれたチケットのキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

2. facebookイベントページにて「参加予定」とすることで事前登録を受け付けます。

https://www.facebook.com/events/1862022654069334/
「参加予定」設定後に参加できなくなった方は「参加予定」からの変更を、ご協力お願い致します。当日、名刺を1枚お持ちください。

3. 上記が使えないかたは、sec@mit-vf.jp宛てに、お名前ご所属をお書き添えのうえ、「4月のM33セミナー参加希望」と題名に書き、お送りください。当日、名刺を1枚お持ちください。

皆さまのご参加を楽しみにお待ち申し上げております。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)
https://www.facebook.com/MITVentureForumJapan/

■会場スポンサー
品川産業支援交流施設SHIP
http://www.ship-osaki.jp/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/

3月25日(土)『 BPCCファイナリスト 同窓会 データ解析、AI(人工知能)、FinTechの第一線 』

2017年 3月のMIT-VFJ月例セミナーは、
MIT-VFJ主催 ビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC)にて ファイナリスト認定された起業家の方々にお越しいただくとともに、データ解析、AI(人工知能)、FinTechビジネス第一線で大活躍中の2社をゲストに迎え、ご講演いただきます。

1社は、BPCC14のファイナリストで、野球界のコーチ手法をAI化すべく、プロ野球向けにデータ解析事業を展開されている、株式会社ネクストベース。

もう1社は、BPCC13(SG)のファイナリストで、ビッグデータ解析技術×AI(人工知能)技術を強みに “FinTech”業界に革新を提供されている、ゼネリックソリューション株式会社。

BPCCの関係者に限らず、どなたでも参加可能です。皆さま是非お越しください。

■ 日時
2017年 3月25日(土)15:00~16:30(講演・14:30開場)
16:30~17:30(懇親会)
※本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。
お知り合いやご友人にも是非ご紹介ください。

■ 場所
品川産業支援交流施設SHIP
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
(JR大崎駅より徒歩5分)
http://www.ship-osaki.jp/access/

※ 品川産業支援交流施設SHIP 見学ツアー開催
会場スポンサーである品川産業支援交流施設SHIPの見学ツアーを、本セミナー開催前に実施します。
SHIPは、オフィス・ネットワーキングスペースだけでなく、3Dプリンターや工房があるベンチャーインキュベーション施設です。見学されたい方は、14:30に会場へお越しください。

■ 定員
60名
※席数に限りがありますので、希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

■ ゲスト・講演概要
【 1社目:BPCC14 ファイナリスト 】
株式会社ネクストベース 代表取締役 中尾 信一 氏
http://nextbase.co.jp/
ネクストベースは、​「スポーツに取り組む人が少しでも上達し、笑顔を見せる」環境を提供していくことを目的に2014年6月設立。現在は、プロ野球界へのIT活用を促進する事業を遂行中。将来は、アマチュアを含めた野球界全体へのAIコーチング(セルフコーチング)を実現すべく事業を展開していく。

(中尾様 ご略歴)
1997年立教大卒。日本電信電話株式会社入社。
2008年ITベンチャー企業ニューフォリアを設立し、取締役副社長として新規系ビジネス開発を主導。2012~13年はW3Cメンバーを務める。
2014年ネクストベース設立、代表取締役就任。
立大野球部では、横浜ベイスターズ川村​氏​、​​広島カープ 広池​氏​、オリックスバッファローズ 早川​氏​とプレー。

(講演概要)
『 Turning Point of Baseball Technology ​』
1.​BPCC参加時からの変遷
2.プロ野球向けデータ解析サービス「BACS」の概要・詳細
3.​今後の展開

【 2社目:BPCC13(SG) ファイナリスト 】
ゼネリックソリューション株式会社 取締役 金井 淳之介 氏
http://generic-solution.co.jp/
ゼネリックソリューションは、弊社独自のデータマイニングの計算手法を強みとするソフトウェアを持ち、それを用いたソリューションを小売業、金融業のお客様を中心に、あらゆる業界で展開しております。弊社ソリューションは、単なるツールの提供ではなく、顧客個々人の購買や取引に関するデータ等から、常に変化する顧客の状態を自動的に捉え、顧客にとってタイムリーなアクションを実現することで、収益性向上への貢献を果たしています。

(金井様 ご略歴)
2007年慶応義塾大学環境情報学部 卒業。アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズにAssociate Software Engineerとして入社後、2012年5月アクセンチュア(Accenture in Japan) Senior Software Engineerとしてジョブに従事。
2013年6月 ゼネリックソリューション株式会社にSoftware Engineerとして参画。2013年10月、取締役 最高執行責任者 に就任。

(講演概要) ※TBD
『(TBD)』
1.BPCC参加時からの変遷
2.金融ビッグデータ分析へのきっかけ
3.昨年の資金調達までの道のり
4.今後の展開ビジョン

■ 参加費(懇親会費含む)
一般の方の参加費は、3,000円です。
MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員で “事前登録”をされた方の参加費は、1,000円です。
SHIP会員の方も、”事前登録”をされた方は、参加費1,000円です。当日、SHIP会員証をご提示ください。

※事前登録の締め切りは、前日12:00です。
前日12:00を過ぎた後の登録は、皆さま(MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員・SHIP会員も)3,000円となります。
会場受付にて参加費を支払いをお願い致します。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。

定員に達していない場合は、当日の参加も受け付けておりますので、是非お越しください。

■参加登録方法
1. Peatixよりご登録ください。
http://ptix.co/2kUJos6

※一度申し込まれたチケットのキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

2. facebookイベントページにて「参加予定」とすることで事前登録を受け付けます。

https://www.facebook.com/events/606802142838833/
名刺を1枚お持ちください。「参加予定」設定後に参加できなくなった方は「参加予定」からの変更を、ご協力お願い致します。

3. どちらもお使いでない場合は、sec@mit-vf.jp 宛てにメールにて「3月のM33参加希望」とタイトルに書き、お名前・ご所属をお書き添えの上、メールをお送りください。

皆さまのご参加を楽しみにお待ち申し上げております。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)
https://www.facebook.com/MITVentureForumJapan/

■会場スポンサー
品川産業支援交流施設SHIP
http://www.ship-osaki.jp/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/

3/11(土)ケン・モース氏 シリアルアントレプレナー “Critical Success Factors in Innovation & Entrepreneurship: What’s Hot & What’s Not”

2017年3月11日(土)に特別講演を行います。ゲストとして、元MIT Entrepreneurship Centerのディレクターの
Ken Morseをお招きします。(プレゼン言語:英語、通訳なし、となります)

Ken Morse氏は素晴らしい経歴のシリアルアントレプレナーであり、また企業革新分野の権威として知られる同氏は、MITの友人らと共に、3Comやアスペン・テクノロジーなどの技術会社を6つ共同設立し、そのうち5社をUS$10億ドル以上のIPOもしくは合併という形で成功に導びいています。その後、ボストンのMITアントレプレナーシップセンターの創業取締役、元マネージングディレクターであり、現在はバルセロナでのESADEビジネススクール客員教授です。

今回はKen Morse氏にその長い経験からの知見や実例を語ってもらう予定です。
ぜひみなさんお越しください。どなたでも参加可能です。

Title:
“Critical Success Factors in Innovation & Entrepreneurship: What’s Hot & What’s Not”

■日時
2017年3月11日(土)15:00~16:30(14:30開場) その後同会場で懇親会となります。

※本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。お知り合いやご友人にもご紹介ください。

■場所(いつもと違います!ご注意ください)
イトーキ 東京イノベーションセンター SYNQA
東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー 1F
http://www.synqa.jp/access/ (in Japanese)
https://officee.jp/en/catalog/Sogokan+110+Tower/ (in English)
アクセス :
京橋駅/ 東京メトロ銀座線 2番出口直通
宝町駅/ 都営浅草線 A4出口より徒歩3 分
銀座1丁目駅/東京メトロ有楽町線 A7出口より徒歩7分
東京駅/JR、東京メトロ丸の内線 八重洲南口より徒歩10 分

■定員
80名

Ken Morse氏略歴
シリアルアントレプレナーであり、また企業革新分野の権威として知られる同氏は、MITの友人らと共に、3Comやアスペン・テクノロジーなどの技術会社を6つ共同設立し、そのうち5社をIPOもしくは合併という形で成功に導びいた。(残りの1社は悲惨な結末ではあったが…)。
ここ20年強の間は、ボストンのMIT アントレプレナーセンターの創業取締役に始まり、現在のバルセロナでのESADEビジネススクール客員教授に至るまで、日本、ヨーロッパ、米国の大手企業や地方自治体に対して、イノベーション戦略における様々な局面で助言を行ってきた。これまで延べ160回以上来日し、北は北海道から南は九州まで、様々な大手製造業やエンジニアリング企業の活動に関わってきた。同氏曰く:「イノベーション=発明×商業化である。そのどちらかが欠けても、先には進めない」

Ken Morse is a serial technology entrepreneur and recognized authority on Entrepreneurship and Innovation. He co-founded six innovation-driven tech firms with MIT friends and classmates. Five of these global companies were successful, either doing an IPO and exceeding $1Billion market cap, or a very valuable, accretive merger. One was a complete disaster. They included 3Com, AspenTech, a biotechnology spinoff from an MIT lab, a China Trading Company (during the Cultural Revolution), and an Artificial Intelligence-based expert systems company.

As Founding Managing Director of the MIT Entrepreneurship Center [1996-2009], Ken was a key player in growing and building the MIT Innovation ecosystem. The work of the E-Center, under his leadership, included supporting the MIT $100K Business Plan competition, and launching 31 new interdisciplinary courses for MIT Science, Engineering and Business students.

During his years at MIT, Ken and his colleagues frequently networked with inventors from the MIT labs to connect them with entrepreneurs and sources of funding – – both angel investors and VCs. He launched the first tech sales course at any serious business school, fought to overcome the funding gap.

Since retiring from MIT, Ken has continued to teach, inspire and coach ambitious entrepreneurs in Quebec, Europe, Turkey, and Japan. He teaches B2B SALES workshops for ambitious CEOs and managers, and serves on the Board of Advisors of about a dozen ambitious tech firms, helping them to develop and execute their sales strategies to achieve total global domination of their chosen market niche.

Ken is also advising major firms and regional governments in Japan and Europe on various aspects of building their own Corporate Moonshots and Innovation strategies.

Ken has made more than 165 business trips to and throughout Japan, working with major chemical and pharmaceutical manufacturing and engineering firms from Hokkaido and Honshu to Kansai and Kyushu. He also lived and worked in China for eight years during the latter half of the Cultural Revolution.

Ken believes that Innovation = Invention x Commercialization: If either one is zero, no progress is made.

■参加費(懇親会費含む)
一般の方の参加費は、3,000円です。
MIT-VFJ正会員・日本MIT会正会員で“事前登録”をされた方の参加費は、1,000円です。

※事前登録の締め切りは、前日12:00です。当日参加は可能ですが、
前日12:00を過ぎた後の登録は、MIT-VFJ正会員・日本MIT会正会員も3,000円となります。
当日、会場受付にて支払いをお願い致します。ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

■参加方法
以下の3つの方法がありますので、お好きな方法でご登録ください。
1.Peatixをご利用ください。

http://mitvfjseminar201703kenmorse.peatix.com
(お申し込みいただいたあとのキャンセルは受け付けておりません。MITVFJへのご寄付とさせていただければ幸いです。)

2.Facebookイベントでお申し込みください。

https://www.facebook.com/events/403996303284690/
当日は名刺を1枚お持ちください。参加費は当日お支払いください。

3.もしくは sec@mit-vf.jp まで、メールで「Ken Morse 講演参加希望」と
タイトルにお書きのうえ、お名前・御所属をお知らせください。
当日は名刺を1枚お持ちください。参加費は当日お支払いください。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)
http://mit-vf.jp/
https://www.facebook.com/MITVentureForumJapan/

■会場スポンサー
イトーキ 東京イノベーションセンター SYNQA
http://www.synqa.jp/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/

以上

2月18日(土):月例セミナーM33『創業期における借入利用について』

2017年2月のMIT-VFJ月例セミナーは、
『創業期における借入利用について』と題し、密着型でベンチャーをはじめ中小企業支援・融資をされている第一勧業信用組合 未来開発部 部長 篠崎研一さまにお話しいただきます。
起業に関する資金計画では、株式等の資本政策について語られることは多いですが、借り入れなどの資金計画について語られることはあまり多くありません。
「何時借りたらいいの?」「どこから借りたらいいの?」「幾ら借りたらいいの?」借り入れに関する「?」について、体系的に、又、実務に照らしお話しいただきます。起業を検討されている方、起業中の方必見です。

■日時
2017年2月18日(土)15:00~17:30(14:30開場)
※本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。お知り合いやご友人にもご紹介ください。

■場所
品川産業支援交流施設SHIP
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4F
(JR大崎駅より徒歩5分)
http://www.ship-osaki.jp/access/

※会場スポンサーである品川産業支援交流施設SHIPの見学ツアーを14:30から15分ほど行います。
オフィスや工房があるベンチャーインキュベーション施設を見学されたい方は14:30に会場にお越しください。

■定員
60名
※席数に限りがありますので、希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

■ゲスト
第一勧業信用組合 未来開発部 部長 篠崎 研一 氏

■講演概要
①事業計画を考えるうえでの株式と借り入れの性格の違い、適用方法(資金調達手段毎の特徴と資金使途別の考え方など EX.開発費用、初期マーケティング費用、運転資金)
②借り入れを目指すために気を付けておかなくてはならない事(準備しておくべき情報、円滑に交渉するために日常準備しておく事、金融機関との交渉にあたり用意するもの、心得ておくべき事、日常、金融機関との付き合い方等、可能であれば事例を交え)
③返済を視野に入れたときに注意すべき事(確実に返済するためには?もし、返済が苦しくなったら、返済期間中の金融機関との付き合い方)
④第一勧業信用組合さんが推進されるような、制度融資の仕組みと条件(主な制度融資、起業者に人気に高い制度融資の特徴、第一勧業信用組合さんが推進されるメニュー)

■参加費(懇親会費含む)
一般の方の参加費は、3,000円です。
MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員で “事前登録”をされた方の参加費は、1,000円です。
SHIP会員の方も、”事前登録”をされた方は、参加費1,000円です。当日、SHIP会員証をご提示ください。

※事前登録の締め切りは、前日12:00です。
前日12:00を過ぎた後の登録は、MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員・SHIP会員も3,000円となります。当日、会場受付にて支払いをお願い致します。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

■参加登録方法
以下の参加方法よりご登録ください。

1.Peatixよりご登録ください。
http://mitvfjseminar201702.peatix.com

※一度申し込まれたチケットのキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

2.facebookイベントページで「参加予定」とすることで事前登録を受け付けます。
https://www.facebook.com/events/1748335962151024/

「参加予定」設定後に参加できなくなった方は「参加予定」からの変更を、ご協力お願い致します。

3.Peatix、facebookもお使いでない場合は、sec@mit-vf.jp 宛てに
タイトル「2月のM33参加希望」と入れていただき、所属とお名前をお書き添えお送りください。

皆さまのご参加を楽しみにお待ち申し上げております。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)
https://www.facebook.com/MITVentureForumJapan/

■会場スポンサー
品川産業支援交流施設SHIP
http://www.ship-osaki.jp/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/