ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

1月21日(土):『発酵で楽しい社会を!休耕田で栽培した米からうまれたビジネス これまでとこれから』

2017年1月のMIT-VFJ月例セミナーは、
『発酵で楽しい社会を!休耕田で栽培した米からうまれたビジネス これまでとこれから』と題し、
株式会社ファーメンステーション ファウンダーの酒井 里奈氏をゲストに迎え、
事業スタートから今に至るまで経緯、その試行錯誤の過程や、米から生み出す新たな価値、現在かかえる課題などについてお話いただきます。

■日時
2017年1月21日(土) 15:00-17:30(14:30開場)
※本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。お知り合いやご友人にもご紹介ください。

■場所
品川産業支援交流施設 SHIP
〒141-0001
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア 4階
(JR大崎駅より徒歩5分)
http://www.ship-osaki.jp/access/

※ 会場スポンサーである品川産業支援交流施設SHIPの見学ツアーを14:30から15分ほど行います。
オフィスや工房があるベンチャーインキュベーション施設を見学されたいかたは14:30に会場にお越しください。

■定員
60名
※席数に限りがありますので、希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

■ゲスト
酒井 里奈 氏
国際基督教大学(ICU)卒業。
富士銀行、ドイツ証券などに勤務。発酵技術に興味を持ち、東京農業大学応用生物科学部醸造科学科に入学、09年3月卒業。
同年、株式会社ファーメンステーション設立。
研究テーマは、地産地消型バイオエタノール製造、未利用資源の有効活用技術の開発。
第3回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション特別賞「地域イノベーション賞」、ブリティッシュ・ビジネス・アワード(BBA)2014 Community Contribution 等を受賞。
好きな微生物は麹菌。好きな発酵飲料はビール。

■講演概要
ファーメンステーション(本社東京)は、独自の発酵技術を活用して、未利用資源の有効活用を目指す「発酵ベンチャー」です。岩手県奥州市に拠点を持ち、お米からエタノールや飼料などを製造、販売する事業に取り組んでいます。
エタノールは由来のわかる化粧品原料として化粧品メーカーなどに販売する他、自社の製品に利用しています。蒸留後の粕は地域の養鶏農家が飼料として利用する他、化粧品原料としても販売、多面的な事業化を目指しています。
自社製品は、都市部の百貨店、セレクトショップなどで販売する他、地域でも地元ブランドとして愛用され、本年度からは海外への輸出も開始しました。
また、岩手では、地域循環事業への関心の高まりもあり、事業を紹介するツアーを実施、全国および海外からのお客様を受け入れています。
講演では、本事業がどのようにスタートし、今に至っているかなど、その試行錯誤の過程や、米から生み出す新たな価値、現在かかえる課題などについてお話いただきます。

■参加費(懇親会費 含む)
一般の方の参加費は、3,000円です。

MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員で “事前登録”をされた方の参加費は、1,000円です。
SHIP会員の方も、 “事前登録”をされた方は、参加費1,000円です。当日、SHIP会員証をご提示ください。

※ 事前登録の締め切りは、前日12:00です。
前日12:00を過ぎた後の登録は、MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員、SHIP会員も3,000円となります。当日、会場受付にて支払いをお願い致します。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

■参加登録方法
1.Peatixをお使いのかたはこちらよりご登録ください。
http://mitvfjseminar201701.peatix.com/
※ 一度申し込まれたチケットのキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

2. Peatixアカウントをお持ちでない方は、以下のfacebookイベントページにて「参加予定」とすることで事前登録を受け付けます。
https://www.facebook.com/events/1363217693710772/
「参加予定」設定後に参加できなくなった方は、「参加予定」からの変更を、ご協力お願い致します。

3. Peatix、Facebookのどちらもお使いでないかたは電子メールで、
タイトルに「1月のM33セミナー希望」と書き、お名前・ご所属をお書き添えのうえお申し込みください。

皆さまのご参加を楽しみにお待ち申し上げております。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)

http://mit-vf.jp/
https://www.facebook.com/MITVentureForumJapan/

■会場スポンサー
品川産業支援交流施設SHIP
http://www.ship-osaki.jp/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/

BPCC16審査結果

第16回MIT-VFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC16)の最終審査結果を掲載します。

【最優秀賞】該当なし
【優秀賞】
・株式会社セームページ:シェアリングエコノミーで実現する手ぶら観光サービス Tebura
・Goods株式会社:お客様の再来店と店舗の成長を支援するマーケティングツール「POILY」
【企業賞・マイクロソフト賞】
・Goods株式会社:同上
【企業賞・漆間総合法律事務所賞】
・株式会社エムスクエア・ラボ:JapanAgriTechで世界を救う事業
・株式会社3D!:3D技術で理想の歯科治療を実現する
【日本MITベンチャーフォーラム正会員特別賞】
・株式会社3D!:同上

ファイナリスト(発表順、敬称略)

  1. シェアリングエコノミーで実現する 手ぶら観光サービスTebura:高木 昭博 株式会社セームページ/SamePage Ltd. 代表取締役
  2. JapanAgriTechで世界を救う事業:加藤 百合子 エムスクエア・ラボ 代表取締役
  3. お客様の再来店と店舗の成長を支援するマーケティングツール「POILY」:石川聡彦 Goods株式会社 代表取締役
  4. 文化財専門家と連携・案内板システムで実現「歴史文化で人生に喜びと潤いをもたらす事業」:松山 ちあき 有限会社かたらんね 代表取締役 文化資源コーディネーター
  5. 3D技術で理想の歯科治療を実現する: 荒川 愛子 株式会社3D! 代表取締役
  6. ~心をひらいて 耳をひらく~音楽による障害児支援事業 世界中の障がい児とそのご家族を幸せにする: 児玉 千賀子 特定非営利活動法人アジェンダやまがた 代表理事

上記の6チームは、BPCC16ファイナリストとして認定されました。

なお、以下のメディア掲載をされています。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00406619
http://newswitch.jp/p/6781

以上

12月17日(土):月例セミナー:串カツ田中CFO 坂本壽男氏「IPOを遂げる上場準備の実際」

BPCC16無事終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。さて、
12月のMIT-VFJ月例セミナーは、「IPOを遂げる上場準備の実際」がテーマです。

今年9月に上場した株式会社串カツ田中の取締役 CFO 坂本 壽男氏をゲストに迎え、串カツ田中のビジネスモデルから、上場準備、公開価格の設定の仕方まで、ご経験された上場準備の実際を講演頂きます。

■日時
2016年12月17日(土) 15:00-17:00(14:30開場)
※本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。お知り合いやご友人にもご紹介ください。

■場所
品川産業支援交流施設 SHIP
〒141-0001
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア 4階
(JR大崎駅より徒歩5分)
http://www.ship-osaki.jp/access/

※ 会場スポンサーである品川産業支援交流施設SHIPの見学ツアーを14:30から15分ほど行います。
オフィスや工房があるベンチャーインキュベーション施設を見学されたいかたは14:30に会場にお越しください。

■定員
60名
※席数に限りがありますので、希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

■ゲスト
㈱串カツ田中 取締役 管理部長
坂本 壽男 氏

【略歴】
平成12年3月 慶應義塾大学経済学部卒
平成12年4月 大陽日酸株式会社入社
平成16年12月 新日本有限責任監査法人入社
平成27年2月 株式会社串カツ田中取締役管理部長就任

■講演概要
① 串カツ田中の沿革、特徴・強み、ビジネスモデル
② 串カツ田中の上場準備内容
③「企業成長に必要な上場準備」と「上場のための上場準備」の違い
④ 時価総額について(失敗しない公開価格の設定の仕方)

■場所
品川産業支援交流施設 SHIP
〒141-0001
東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア 4階
(JR大崎駅より徒歩5分)
http://www.ship-osaki.jp/access/

※ 会場スポンサーである品川産業支援交流施設SHIPの見学ツアーを14:30から15分ほど行います。
オフィスや工房があるベンチャーインキュベーション施設を見学されたいかたは14:30に会場にお越しください。

■参加費(懇親会費 含む)
一般の方の参加費は、3,000円です。
MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員で “事前登録”をされた方の参加費は、1,000円です。
SHIP会員の方も、 “事前登録”をされた方は、参加費1,000円です。当日、SHIP会員証をご提示ください。

※ 事前登録の締め切りは、前日12:00です。
前日12:00を過ぎた後の登録は、MIT-VFJ正会員・日本MIT会会員、SHIP会員も3,000円となります。当日、会場受付にて支払いをお願い致します。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

■参加登録方法
Peatixよりご登録ください。
http://mitvfjseminar201612.peatix.com/
※ 一度申し込まれたチケットのキャンセルは受け付けておりません。ご了承ください。

Peatixアカウントをお持ちでない方は、facebookイベントにて「参加予定」とすることで事前登録を受け付けます。

https://www.facebook.com/events/1677560912535770/

もしくは、 sec@mit-vf.jp 宛てに「12月のセミナー参加希望」と題名に入れ、お名前・ご所属をお送りください。

皆さまのご参加を楽しみにお待ち申し上げております。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)
https://www.facebook.com/MITVentureForumJapan/

■会場スポンサー
品川産業支援交流施設SHIP
http://www.ship-osaki.jp/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/

参加無料!11月12日(土)BPCC16開催概要・参加申込

第16回MIT-VFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC16)の開催概要は以下の通りです。無料で参加できます。

日時:2016年11月12日(土)14:30開演、19:00終了(14:00開場)
場所:東京デザインセンター ガレリアホール(東京都品川区) JR五反田駅徒歩3分
http://www.design-center.co.jp/access/

スケジュール(予定)

14:30-14:50 開会のご挨拶 本橋 健 日本MITベンチャーフォーラム理事長
14:50-16:30 ファイナリスト発表&質疑応答 6チーム

http://mit-vf.jp/bpcc/bpcc16finalists/
16:30-17:00 休憩・正会員投票
17:00-18:00 パネルディスカッション「5年後を観る、創る~テック&イノベーティブベンチャーの創出に向けて」

パネリスト:

  • 中野 克平 氏 (MITテクノロジーレビュー編集長)
  • 中村 友哉 氏 (株式会社アクセルスペース 代表取締役)
  • 伊能 美和子 氏(株式会社ドコモgacco 代表取締役)

モデレーター: 本橋 健 (日本MITベンチャーフォーラム理事長)

18:00-19:00 審査結果発表・表彰式
19:00終了

以上まで無料で参加できます。

19:00-20:30 レセプション(一般のかたは5000円、ただしMIT-VFJ正会員、日本MIT会正会員は無料)
なお、当日までに正会員申し込みをされた場合、レセプションは無料となります。
【参加申し込み方法】
参加申し込みページは、facebookをお使いのかたは、以下から参加登録をお願いします。

https://www.facebook.com/events/1781423782146172/

もしくは、
メール(bpc@mit-vf.jp)で、お名前、ご所属をお書きになり「BPCC16参加希望」とタイトルに入れてお送りください。

レセプション参加希望(正会員以外)のかたはPeatixをご利用ください。参加登録も可能です。

http://mitvfjbpcc16.peatix.com/

【審査委員】

http://mit-vf.jp/bpcc/bpcc16judge/

【協賛・後援】

http://mit-vf.jp/bpcc/bpcc16supporters/

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/

【キャンセル】特別セミナー:10/21(金)正午 Dr. Leslie Dewan. CEO, Transatomic Power

10月21日(金)昼に予定していたセミナーですが、ゲストが都合により来日できなくなりましたので、キャンセルとさせていただきます。お申込みいただいたかたには別途ご連絡いたします。

 

10月の特別セミナー、日本MIT会/日本MITベンチャーフォーラム主催による、昼食会及び講演会のご案内です。

特別セミナー
Dr. Leslie Dewan. CEO, Transatomic Power / The MIT Corporation Board Member
“Save the World with Nuclear Waste: New Approaches to Nuclear Power”

The MIT Corporationのボードメンバーで、今年のThe World Economic ForumでYoung Global Leadersに 選ばれたLeslie Dewan氏(CEO, Transatomic Power)をお招きして昼食会並びに講演会を下記の通り行います。日本が直面する原子力発電の課題解決に関わる興味深いテーマです。是非ご出席ください。(講演言語は英語です)

日時:
2016年10月21日(金)12時(正午)~14時

場所:
国際文化会館
東京都港区六本木5‐11‐16  URL: http://www.i-house.or.jp/
都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩5分、東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩8分、東京メトロ日比谷線 六本木駅 3番出口より徒歩10分

会費:
6,000円、日本MIT会・MIT-VF正会員は5,000円、当日受付時にお支払い下さい。
MIT卒業生であっても日本MIT会に年会費を出していないかたは6,000円となります。

申込方法:(キャンセルとなりました)

スペースの制約上、定員に達し次第締め切らせていただきます。
お問合せメール:日本MIT会事務局 info@mit-j.org

Speaker Profile
Dr. Leslie Dewan

Dewan is a 2002 graduate of The Winsor School in Boston,
Massachusetts. She received S.B. degrees from the Massachusetts
Institute of Technology in mechanical engineering and nuclear
engineering in 2007. She received her Ph.D. in nuclear engineering
from MIT in 2013. ]While at MIT, Dewan was awarded a Department of
Energy Computational Science Graduate Fellowship and an MIT
Presidential Fellowship.

Dewan co-founded Transatomic Power in Cambridge, Massachusetts in 2011
and is the Chief Executive Officer.  Transatomic Power is designing
and developing a molten salt reactor(Generation IV reactor) that
converts nuclear waste into electric power. In December 2012, Forbes
magazine selected Dewan for their 30 Under 30 in Energy. In September
2013, MIT Technology Review recognized Dewan as one of “35 Innovators
Under 35”. In December 2013, TIME magazine selected Dewan as one of
“30 People Under 30 Changing the World”.

https://en.wikipedia.org/wiki/Leslie_Dewan

Topic 講演のテーマ:

“Save the World with Nuclear Waste: New Approaches to Nuclear Power”

Abstract: The world needs a cheap, carbon-free alternative to fossil
fuels to feed its growing electricity demand. Nuclear power seems like
a clear solution to the problem, but its growth is hindered by rising
concerns about safety, waste, and cost. My work focuses on adapting
technology from the early days of the nuclear industry, the 1950s and
1960s, using modern computational methods to optimize their design.

Specifically, my company is advancing the design of the molten salt
reactor, an extremely safe reactor design from the 1950s — making the
reactor more compact, lower-cost, and able to consume existing
stockpiles of nuclear waste — while keeping the design’s significant
safety benefits. These new reactors can push the boundaries of nuclear
technology and allow for a safe, clean, and affordable answer to
humanity’s energy needs.