ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

ビル・ゲイツ氏 MITキャンパスで講演


ビル・ゲイツ氏は4月21日、MIT(マサチューセッツ工科大学)のキャンパスを訪れ、講演を行いました。

マイクロソフトを離れ、ゲイツ財団の活動に専念してからは最初のキャンパス講演となります。世界的な問題である貧困、医療、教育などの問題について、「Giving it back(お返しする)」をテーマに、ゲイツ財団においても、またMITにおいても積極的に取り組むべきと力説しました。

MITボストン本校のクレスゲ大講堂を埋め尽くした学生たちに対し、ゲイツ氏はいきなり次の質問で講演を切り出しました。
「Are the brightest minds working on the most important problems?」(知性の最高峰と称される諸君は、本当に重要な問題に取り組んでいるのですか?)
「貧しい国における健康、食料、衛生、ガバナンス、そしてより世界的な問題として教育やエネルギー・・・。」
ところが現実には、金融デリバティブや毛生え薬など、裕福な国の人たちの問題を優先しすぎてはいないか、とゲイツ氏は指摘します。

続きのテキストと動画はこちら(英語)