ベンチャー支援を10年以上続けているNPOです

MIT メディアラボ 副所長 石井 裕 氏 講演会


≪満員御礼≫受付を終了いたしました。

来る11月10日(水)にMIT-EFJと日本MIT会で共催する講演会として、MITメディアラボ副所長の石井裕先生をお招きし、”日本のメディアラボ”であるデジタルハリウッド株式会社に於いて、石井裕先生の情報系の文化風土の現況とユビキタスGUI(グラフィカルユーザインターフェース)を越える未来展望についてお話をいただきます。

石井裕先生は、NTTで奉職後、MITメディアラボに招聘され、爾来15年余り情報技術を取り巻くタンジブルユーザインタフェースの第一人者としてMITメディアラボで先鋭的に活動を行って来られました。先生の、常に先進的ユーザ環境を見据えた将来展望と潜在事業の可能性については、世界の多くの識者の期待を集めています。石井先生のご講演を皆様と共有できることは、大変意義深い事と認識しております。奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

 

【MITメディアラボ副所長 石井裕先生講演会】

1.主催 特定非営利活動法人 日本MITエンタープライズ・フォーラム / 日本MIT会

2.共催 デジタルハリウッド株式会社

 

3.日時 2010年11月10日(水)18:30~21:00 (18:30受付開始)

 

4.場所 デジタルハリウッド株式会社 デジタルハリウッド東京本校
http://www.dhw.co.jp/grand/access/
郵便番号 101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg
(JR「御茶ノ水駅」徒歩3分)

 

5.次第(予定)

18:30 開場・受付開始 講師・出席者懇親会
19:15 開会 開会の辞及び事務局報告
19:45 講演&質疑 題目:情報生態系の変化と独創・協創・競創の未来
副題:タンジブル・ビットの挑戦 石井 裕 氏
21:00 終了

< 略歴>   石井 裕 (いしい ひろし) 先生

1956年東京生まれ。1978年に北海道大学工学部卒業、1980年に同大学院情報工学専攻修士課程修了、日本電信電話公社(現NTT)入社。ヒューマンインターフェースとリモートコラボレーション技術の研究に従事。1992年に北大から博士号取得。1995年にMITメディアラボに招聘され、直接操作・感知可能なタンジブルユーザインタフェースの研究を創始する。現在MITメディアラボ副所長、TTT(Things That Think)コンソシーム・コディレクター、タンジブルメディアグループ・ディレクター、工学博士。2001年にMITからテニュア(終身在職権)を授与され、2006年にACM SIGCHIよりCHI Academyを受賞

http://tangible.media.mit.edu/

English Bio   http://tangible.media.mit.edu/person.php?recid=1

< 講演概要 >   

「情報生態系の変化と独創・協創・競創の未来」

情報生態系を支える水路網の劇的な構造変化、そしてその水路網を再編集されながら循環する情報水流の加速。これらの変化の先の未来を予測するベストの方法は、自分たちの手で未来を発明するこ。私たちメディアラボは、世界中の先進的な企業とのコラボレーションを創造のエンジンとし、未来ビジョンを創出・発信するために、ユニークな「独創・協創・競創」の文化風土を作り上げてきました。その中から生まれたのが、タンジブル・ビットです。人々が生涯を通じ物質的な世界と関わりあうことで育んできた豊かな感覚と能力を活かし、人間、デジタル情報、そして物理世界をシームレスにつなぐインターフェイスを実現することが、タンジブル・ビットのゴールです。本講演では、タンジブル・ビットのコンセプトとタンジブルメディアグループがデザインした多様なインターフェイス例をご紹介し、ユビキタス GUI を越える未来をご提案いたします。さらに MIT をとリまく「競創」の風土を生き抜く術について、お話させていただきます。

*日本語での講演となります

 

6.セミナー参加費 (事前登録が必要です)
日本MIT会会員、MIT-EFJ正会員、学生:1000円
メール会員、非会員:3000円

 

7.参加申込

≪満員御礼≫受付を終了いたしました。
参加申込フォーム

■ お問合せ(MIT-EFJ事務局)
お問合せフォーム

以上、皆さまのご参加をお待ちしています。

【Keynote speech – Hiroshi Ishii, Associate Director, MIT Media Lab】

1.Organizer MIT Enterprise Forum of Japan / MIT Association of Japan

 

2.Sponsor Digital Hollywood Co. Ltd

 

3.Date November 10 (Wed) 18:30-21:00 (Doors open 18:30)

 

4.Venue Digital Hollywood Co.,Ltd

Digital Hollywood Tokyo Main Campus
DH2001Bldg, 2-3, Kanda Surugadai, Chiyoda-ku, Tokyo 101-0062

MAP http://www.dhw.co.jp/grand/access/

3min. Walk from JR Ochanomizu station

 

5.Program

18:30 Doors open Networking with Guest Speaker/ Participant

19:15 Opening Greeting – MIT Enterprise Forum of Japan

19:45 Keynote Speech ‘ Tangible Bits: Beyond Pixels’ *

byProf. Hiroshi Ishii, Associate Director, MIT Media Lab

21:00 Closing

* Keynote speech will be conducted in Japanese

6.Charge (Payment at the door)

Member & Student : 1000Yen

(MIT Enterprise Forum of Japan / MIT Association of Japan)

Mail Member(MIT-EFJ) / Non-Member: 3000 Yen

 

7.Registration (Pre-Registration is required)

Registration Form

 

■ Inquiry (MIT-EFJ Office)

Inquiry Form

 

Professor Hiroshi Ishii’s Bio

< Keynote Speech Summary >

Tangible Bits: Beyond Pixels

Where the sea meets the land, life has blossomed into a myriad of unique forms in the turbulence of water, sand, and wind. At another seashore between the land of atoms and the sea of bits, we are now facing the challenge of reconciling our dual citizenships in the physical and digital worlds. Windows to the digital world are confined to flat square ubiquitous screens filled with pixels, or “painted bits.” Unfortunately, one can not feel and confirm the virtual existence of this digital information through one’s body.

Tangible Bits, our vision of Human Computer Interaction (HCI), seeks to realize seamless interfaces between humans, digital information, and the physical environment by giving physical form to digital information, making bits directly manipulable and perceptible. Guided by this vision, we are designing “tangible user interfaces” which employ physical objects, surfaces, and spaces as tangible embodiments of digital information. These involve foreground interactions with graspable objects and augmented surfaces, exploiting the human senses of touch and kinesthesia. We are also exploring background information displays which use “ambient media.” Here, we seek to communicate digitally-mediated senses of activity and presence at the periphery of human awareness. Our goal is to realize seamless interfaces taking advantage of the richness of multimodal human senses and skills developed through our lifetime of interaction with the physical world.

In this talk, he will present the design principles and a variety of tangible user interfaces the Tangible Media Group has presented in Media Arts, Design, and Science communities including ICC, Ars Electronica, Centre Pompidou, Venice Biennale, ArtFutula, IDSA, ICSID, AIGA, ACM CHI, SIGGRAPH, UIST, CSCW.

http://tangible.media.mit.edu/