ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

2013新春セミナーパネリスト略歴


nobot-kobayashi小林 清剛 氏(株式会社ノボット 代表取締役社長)

MIT-EFJ BPCC9ファイナリスト。1981年生まれ。2004年、大学在学中に会社を設立。食料品の輸入事業で大手通販会社・メディア等の販路開拓に成功。2005年、株式会社イン・ザ・カップを設立して代表取締役就任。珈琲豆や器具を販売するコーヒー通販サイトを運営。その他、インターネット関連事業を中心に十数件の新規事業立上げに参画。2009年、株式会社ノボットを設立して代表取締役社長就任。2011年8月ノボットをKDDI子会社の株式会社medibaに売却。現在は引き続きノボットの代表取締役社長としての業務の他に、数社のスタートアップのアドバイザーをしている。

砂川 大 氏(株式会社ロケーションバリュー 代表取締役社長)


1995年に三菱商事入社、海外向け鉄道案件を手掛ける。2001年にハーバード・ビジネス・スクールに留学、途中UBS証券とマッキンゼーでインターンを経験。卒業後、2003年に米国の独立系VCであるGlobespan Capital Partnersに入社、ディレクターとしてデューデリや投資先の事業開発に従事。2004年に同社日本事務所の開設を行い日本代表に就任。2005年3月にロケーションバリューを創業。2011年5月に同社を会社分割の上、新設会社の株式会社イマナラ(2012年10月に株式会社ロケーションバリューに社名変更)の代表取締役に就任、現在に至る。
(株式会社ロケーションバリューは、2012年6月に株式会社ドコモ・ドットコムの完全子会社となる)


飯塚 勇太 氏 (株式会社シロク 代表取締役社長)sirok_iizuka

2012年慶応義塾大学経済学部卒。大学在学中に、サイバーエージェントに内定が決まっていた飯塚氏を含む4人で開発したスマートフォンアプリ「My365」が、リリース後わずか3ヶ月で50万ダウンロード突破。その後サイバーエージェントが、「My365」を譲り受け、それを事業化した子会社、株式会社シロクを2011年12月に設立し、その代表取締役社長に就任。

***

***


モデレータ 本橋 健 (日本MITエンタープライズフォーラム 副理事長)
1994年東京大学大学院修了後、日本電信電話株式会社(NTT)入社。同社研究所にてインターネットアプリケーションサービスの企画開発運用事業化に従事し、社内起業家として継続的に新サービスを創出。2004年マサチューセッツ工科大学 MIT Sloan School of Management修了(技術経営学)。その後はNTTにおいて研究開発企画、サービス企画、人材育成、事業戦略などに従事。同時に、技術経営、イノベーション、アントレプレナーシップに関する講演、委員、ファシリテーターなどの経歴多数。東京理科大学大学院イノベーション研究科非常勤講師。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。