ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

BPCC14ファイナリスト候補発表詳細


■【発表者&事業概要のご紹介】 (発表順、敬称略) 2014年10月14日現在
———–
《 ストラテジックグロース部門 》 5社
———–
1.
株式会社アイズファクトリー 代表取締役 大場 智康
発表タイトル:データサイエンティスト不要のデータ解析ツール販売戦略
事 業 概 要:ビッグデータをデータサイエンティストなしで解析出来るサービスを提供する。入力は数字のファイルであり言語非依存なので世界戦略が容易である。データ整形・加工が自動化されており、使いやすいのが最大の特徴である。CRM、SFA分野から活用してもらい、経営理念を、実現していく。

2.
株式会社MIKI・ファニット 代表取締役 太刀山 美樹
発表タイトル:「まなび体操」で育てる挑戦できる子どもたち。
放課後アドバンススクール事業「テミルTM」の展開
事 業 概 要:変化の激しい時代においては「自ら実践し、創造する能力」が必要とされる。そこで、学童期の発達に合わせた多彩な運動と、音や文学などをかけ合わせた、様々な興味・学習に繋がるオリジナル体操を開発。それらを軸とした新しい学童保育事業を展開し、未来を担う子どもたちを育てる。

3.
maojian works 株式会社 代表取締役 兼 kay meリードデザイナー 毛見 純子
発表タイトル:kay me ~ キャリア女性のための仕事服 ~
事 業 概 要:kay me は2011年に創業したキャリア女性の「問題解決型アパレルブランド」です。
「時間がない」「カラダがつらい」そのような中でも「華やかでいたい」「きちん見せたい」というニーズを、「素材の機能性」や「デザイン」「コンセプト」「サービス」で解決しています。この度は海外戦略のポテンシャル、展開プランを発表します。

4.
BizMobile株式会社 代表取締役 CEO 小畑 至弘
発表タイトル:MDM事業の拡大 - MDMサービスからIoTプラットフォームへ –
事 業 概 要:当社は各種携帯端末を大量に管理・制御するMDMサービス を展開している。
現在は、対象となるサービス分野を拡大し、また日本で培ったノウハウ・ビジネスモデルを武器に、成長著しいアジアを始めとした海外でのサービス提供を推し進めている。
さらに今後は、IoT市場のプラットフォームとしてさらに成長することを目指している。

5.
インテグラート株式会社 代表取締役社長 小川 康
発表タイトル:ビジネスに確かな未来を
事 業 概 要:インテグラートは、グローバルに年間460兆円を超える設備投資・R&D・M&A等に対して、事業のリスクを下げる革新的なシミュレーションツールを提供し、不確実な時代の要請に応えています。コンサルティング会社との連携を柱とする成長戦略を全力で推進して世界一を目指し、輝く未来社会創出の一端を担います。

———–
《 スタートアップ部門 》 6社
———–
1.
株式会社MOLCURE CEO / Co-Founder 小川 隆
発表タイトル:開発困難な抗体医薬品を迅速にデザインする次世代システム
事 業 概 要:次世代シーケンサーによって可能となった抗体DNA検出技術と、そこから得られるビッグデータを機械学習アルゴリズムによって解析するバイオインフォマティクス技術を組み合わせることで、これまで探索不可能であった各種治療用抗体を高速かつ大量に探索可能なスクリーニングシステム

2.
株式会社ハッピーリス 代表取締役 吉田 理恵
発表タイトル:Sonic Finding Assist 〜 音なき音をきく 〜
事 業 概 要:デジタル処理では不可能だった、騒音に埋もれた異音を取り出す特殊音響センサーを開発。製造、建設、医療介護、環境等の分野で非破壊検査、状態監視に役立て、将来システム化する。私達の暮らしを支えている現場の検査は困難。それをアシストすることで、本事業はハッピーな社会への一助となりたい。

3.
株式会社コラボプラネット 代表取締役 西原 申敏
発表タイトル:塾のない地域に塾を届ける
事 業 概 要:「もっと近くに学びの場を」をコンセプトに、地域にあるスペースとeラーニングを活用し、塾のない地域に塾を届ける事業を行っています。地域の未来を背負う子ども達が、自分の地域で学びたい時に学べる環境づくりを提案します。

4.
株式会社MARIO DEL MARE 一級建築士事務所 代表建築家 下平 万里夫                      発表タイトル:ZERO POD 〜 大自然を楽しむモバイルリゾート 〜
事 業 概 要:独自開発の浮床構造により、コンパクトに折り畳んで持ち運び、傾斜地や凸凹にも簡単に設営可能なモバイルコテージ「ゼロポッド」を開発し、製造・販売することにより、大自然の中でのラグジュアリーなアウトドアライフを提供すると共に、自然共生型のエコリゾートを日本から世界に広げることを目指します。

5.
株式会社ハート・オーガナイゼーション 代表取締役 菅原 俊子
発表タイトル:医師のための症例議論プラットフォーム e-casebook
事 業 概 要:e-casebook.comは、医師が、医療動画をWeb上で共有し、日常的に症例について議論するためのクラウドベースの症例議論プラットフォームです。将来は、その集積を分析することで、より効率的な医薬品の使い方や、医療機器の選択についての有用な根拠を得られます。

6.
株式会社ネクストベース 代表取締役 中尾 信一
発表タイトル:野球ノート 〜 練習の可視化と共有で日本のスポーツを強くする 〜
事 業 概 要:野球の試合や練習内容を記録し、指導者や仲間、家族と共有するSNSサービス事業を展開します。フォームを連続写真にするアプリを無料で提供し、元プロ野球選手からアドバイスをもらったり、IoTを駆使して、楽しく効果的な練習環境を提供します。スポーツする人とその応援者をSNSで繋ぎ、1000万ユーザの獲得を目指します。

以上