ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

1/17(土)「ベンチャーメンタリングの実際」M33月例セミナー


2015年1月のM33は、新春パネルディスカッションとして、「ベンチャーメンタリングの実際」をお送りします。最近、ベンチャーメンタリングについて注目されています。BPCC14を振り返り、スタートアップ部門のメンタリングを担当したメンターのみなさまにお話しをうかがいます。

※本セミナーは、どなたでもご参加いただけます。

■パネリスト
MIT-VFJ メンター  藤井 博之 氏、工藤 昭英 氏kudohfujii
メンタリングコミッティコチェア 冬野 健司

■日時
2015年1月17日(土)15:00-17:00(終了後、懇親会を予定)

■場所
霞が関ビル33Fセミナールーム(東京都千代田区)
http://www.kasumigaseki36.com/access/

■参加費(懇親会費含む)
MIT-VFJ正会員、日本MIT会会員 1,000円
一般(上記以外)、当日参加 3,000円
※前日15:00までの事前登録をお願いいたします。事前登録なし・当日参加は各正会員も3000円となります。
オペレーションをスムーズにするため、事前登録にご協お願いいたします。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)

■協賛
宝印刷株式会社、株式会社タスク
新日本有限責任監査法人、EY新日本クリエーション株式会社

■参加登録

facebookをお使いのかたは、以下のイベントリンクからお申込みください。
https://www.facebook.com/events/495863763884984/

もしくは「1月のM33セミナー参加希望」とタイトルをつけて、sec atmark mit-vf.jp までお名前、ご所属をお送りください。

当日は1枚名刺をお持ちください。

【パネリスト略歴】

パネリスト略歴   藤井 博之 氏

シリアルアントレプレナー。大学卒業後システムコンサルティング会社を経て26歳で独立、IT(ERP、クラウド等)、スマートエネルギーのベンチャーを5社起業した。2000年より、大前研一氏や大手ベンチャーキャピタル等からの出資を受け、日本初の会計クラウド(ASP)事業を開始、全国の中小企業団体を通じて10万社以上に普及。2006年より企業コード(企業版マイナンバー)やクラウド推進等、国のIT政策に関わり、2011年よりオープンデータを政策提言。2012年、ITベンチャー事業売却後は、他のベンチャー企業数社を支援する傍ら、企業情報の公開と共有を促進する「オープンコーポレイツ」の事業化を準備中。


パネリスト略歴   工藤 昭英 氏

1977年:三井東圧化学(現三井化学)に触媒技術屋として入社

1988年:憧れの電子材料分野の新製品開発担当となる。HDD用途のポリイミドフレキシブル銅張板、PDP用の光学フィルタービジネスで世界シェアトップを獲得

2007年:初の事業部門出身、知的財産部長に就任(だれがお客様か?知財部の存在価値を部員に問う)、2005年から2009年の間、三井化学の執行役員

2014年:専門(バ)家でない、世界・社会に通じる博士人材の育成を目指す東京農工大学/リーディング大学院プログラムの特任教授に就任

【お願い】
参加できなくなった場合は一言ご連絡の上、参加を解除くださいますようお願いいたします。エチケット違反であるだけでなく、MIT-VFJのM33は懇親会を含みますので、準備の都合がございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラム及び協賛・会場スポンサーである新日本有限責任監査法人、EY新日本クリエーションは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/
新日本:http://www.shinnihon.or.jp/misc/privacy-policy/index.html