ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

2/20(土) “Innovation or Die” but How?


2016年2月のM33は、本フォーラム設立に多大な貢献をされたKen Morse氏と長年にわたりIHIの企業内で様々な新規事業を牽引された中川幸也氏をお招きして、大企業内におけるイノベーションについてご講演いただきます。KenMorse

「今日 日本では多くの経営幹部が『イノベーションか死か!』としばしば口にします。しかし、そもそもイノベーションとはどのように起こすのでしょうか。様々な形のイノベーションが存在し、達成への道も多岐に渡ります。本セミナーでは、漸進的イノベーション、根本的イノベーション、またはオープンイノベーションを実践するにあたり、何が課題となるのか考えてみましょう。」

*本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。お知り合いやご友人にもご紹介ください。プレゼン言語は英語及び日本語です。

http://mit-vf.jp/wp-content/uploads/2016/02/feb_M33_morse_nakagawa_02202016.pdf
■日時
2016年2月20日(土)15:00-17:00(終了後、軽い懇親会を予定)
■場所(いつもと違います!ご注意ください)
東京都中央区銀座3-9-11
紙パルプ会館 3階会議室 銀座フェニックスプラザ

http://kamipa-kaikan.co.jp/access.html

■参加費(懇親会費含む):3000円
※ 前日15:00までの事前登録をお願いいたします。オペレーションをスムーズにするため、事前登録にご協力お願いいたします。
※ MIT-VFJ正会員、日本MIT会会員で事前登録をされた方は1000円になります。事前登録なしの参加は正会員も3000円となります。ご理解のほどお願いいたします。

Ken Morse氏略歴
シリアルアントレプレナーであり、また企業革新分野の権威として知られる同氏は、MITの友人らと共に、技術会社を6つ共同設立し、そのうち5社をIPOもしくは合併という形で成功に導びいた。(残りの1社は悲惨な結末ではあったが…)。
ここ20年強の間は、ボストンのMIT アントレプレナーセンターの創業取締役に始まり、現在のバルセロナでのESADE ビジネススクール 客員教授に至るまで、日本、ヨーロッパ、米国の大手企業や地方自治体に対して、イノベーション戦略における様々な局面で助言を行ってきた。これまで延べ160回以上来日し、北は北海道から南は九州まで、様々な大手製造業やエンジニアリング企業の活動に関わってきた。同氏曰く:「イノベーション=発明×商業化である。そのどちらかが欠けても、先には進めない」

中川幸也氏略歴
同氏は1980年代から、株式会社IHIやその子会社、関連会社のイノベーションを牽引してきた。IHIにおいて彼は長年、研究開発部の責任者や理事を務め、革新戦略を生み出した創始者である。現在、IHIの、とくに新規事業開発、オープンイノベーション、高温材料や溶接関連の顧問。彼はIHIのKBK(商社)の委員会にも所属し、日本各地の公的、私的企業からイノベーションと起業制度について、数々の助言を行っている。

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)

■参加登録
facebookをお使いのかたは、以下のイベントページで参加申し込み出来ます。

https://www.facebook.com/events/1556164181373459/

または、メールで sec @ mit-vf.jp 宛に、タイトル「2月のM33セミナー参加」とお書きのうえ、

お名前、ご所属をお知らせください。また、名刺を1枚お持ちください。

【お願い】
最近、参加登録をし、参加できなくなってもそのままほうっておく人が見られます。参加できなくなった場合は一言ご連絡の上、参加を解除くださいますようお願いいたします。エチケット違反であるだけでなく、MIT-VFJのM33は懇親会を含みますので、準備の都合がございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラムは、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-vf.jp/about-us/personal-information/