ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

9/6(火):特別セミナー「事業創造とイノベーションのエコシステム」 withマイケル・クスマノMIT教授/東京理科大学副学長

9月は2回セミナーを開催します。9月6日(火)18:30から、特別セミナーとして、
「事業創造とイノベーションのエコシステム」withマイケル・クスマノMIT教授/東京理科大学副学長
を行います。
http://coco.cococica.com/mit-j/index.asp?patten_cd=12&page_no=61
cusumano

主催:日本MIT会・MITスローン日本同窓会・日本MITベンチャーフォーラム
協賛:東京理科大学

スタートアップ、企業内ベンチャーを問わず、事業創造とイノベーションが続々と出現するためには、大学、政府機関、大企業、先輩起業家、リスクマネー提供者など様々な主体が関わり合うエコシステム(生態系)が必要です。米国ではMITおよびその関係者がこうしたエコシステムの構築に重要な役割を果たしてきました。MITスローン経営大学院の同級生が共同設立し、今では世界中の企業にインバウンド・マーケティングのツールを提供するHubspot社も、MITの事業創造のエコシステムから生まれたものです。そして現在、MIT REAP(Regional Entrepreneurship Acceleration Program)の東京チームは、MITの支援のもと、2年間かけて同様なエコシステムを東京に構築しようと取り組んでいます。
本セミナーは、米国におけるHubspot社の事例から学び、MIT REAP東京チームの活動を紹介するとともに、起業やイノベーションを志す方々と、それを様々な立場から支援する方々が一堂に会する機会を設定し、日本における事業創造とイノベーションを盛り立てていくことを目的としています。皆様のご出席をお待ち致しております。

1. 本会の内容
 Hubspot CEO, Brian Halligan氏とスローンスクールMichael Cusumano教授の対談 (英語)
 日本に起業の生態系を作る~MIT REAP東京チームの紹介とパネルセッション (日本語)
 ネットワーキング(飲み物と軽食を用意します)

2.日時
2016年9月6日(火)
18時30分開始 (18時開場)、20時15分より懇親会、21時終了

3.場所
東京理科大学 富士見校舎(経営学部)
セミナー: 1階 F101教室       ネットワーキング: 2階 学生ホール

東京都千代田区富士見1-11-2  (地図別紙)
東京メトロ半蔵門線、東西線、都営新宿線「九段下」駅下車 徒歩8分
JR総武線、東京メトロ有楽町線、東西線、南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車 徒歩10分

4.参加費用
3,000円(日本MIT会・SSJ・MIT-VF正会員は2,000円、東京理科大関係者は無料)
当日受付時にお支払い下さい。

5.申し込み方法(いつもと違いますのでご注意ください)
参加ご希望の方は、日本MIT会ホームページ http://coco.cococica.com/mit-j/index.asp?patten_cd=12&page_no=61 にアクセスの上「イベントカレンダー」よりお申込みください(Non Memberを選んでください。MIT-VFJ正会員は名前の後ろに「MIT-VFJ正会員」とお書き添えください)。スペースの制約上、定員に達し次第締め切らせていただきます。
お問合せメール:日本MIT会事務局 info@mit-j.org

スピーカー:

Brian Halligan
University of Vermontで電気工学を学び。2005年にMITスローン経営大学院卒業。2006年にスローン同級生のDharmesh Shahと共にHubspotを創立。同社はインバウンド・マーケティングを支援するソフトウェアを販売し、世界で95ヶ国、18,000超の企業が導入。現在日本法人の設立準備中。著書に“Marketing Lessons From the Grateful Dead”(グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ)と”Inbound Marketing: Get Found Using Google, Social Media, and Blogs”(インバウンド・マーケティング)がある。
MITスローン経営大学院で15.392 Designing, Developing, and Launching Successful Products in an Entrepreneurial Environmentを教える。
Hubspot:  http://www.hubspot.com/

Michael Cusumano
MITスローン経営大学院及び工学部教授。ビジネス戦略やテクノロジー・マネジメントに関する世界的権威。主にハイテク産業分野における数々の大手企業のコンサルタントを努め、数社の役員を歴任。今年3月より1年間、東京理科大学(http://www.tus.ac.jp/)の副学長として同学のSchool Of Businessを構築。著書に”The Business of Software”(ソフトウェア企業の競争戦略)、”Staying Power”(君臨する企業の「6つの法則」)など13冊がある。最新作は”Strategy Rules: Five Timeless Lessons from Bill Gates, Andy Grove, and Steve Jobs”(ストラテジー・ルールズ – ゲイツ、グローブ、ジョブズから学ぶ戦略的思考のガイドライン) https://www.amazon.co.jp/dp/443421618X
Michael Cusumano: http://web.mit.edu/cusumano/www/

MIT REAP 東京チーム
イノベーションに基づく起業が生まれる環境・エコシステム(IDE Ecosystem)を東京に構築することをゴールとしており、その第一歩として、東京理科大学に「オープンIDEセンター(仮称)」を創立する。1.中央省庁 (経済産業省 METI)、 2.起業家 (株式会社シグマクシス)、3.大企業 (富士通株式会社)、4.リスクキャピタル(株式会社日本産業推進機構)、 5.大学(東京理科大学)の5つのステークホルダーから構成されており、チャンピオンは東京理科大学の藤嶋昭学長、共同チャンピオンは(株)日本産業推進機構の津坂純代表取締役社長。
MIT REAP: http://reap.mit.edu/dashboard/?region=tokyo-japan

東京理科大学富士見校舎への行き方
rikadai-map
飯田橋駅西口から(10分):早稲田通りを九段下方面へ向かい九段中等学校前交差点を右折
九段下駅から(8分)    :早稲田通りを飯田橋方面へ向かい九段中等学校前交差点を左折

BPCC16受付終了

みなさま、BPCC16への応募ありがとうございました。

昨日8月5日12時に締切とさせていただきました。

送付いただいた方には返信をしておりますので、万が一返信を受け取っていないかたがおりましたら、至急ご連絡ください。

BPCC16締切延長しました:8月5日(金)12:00まで

BPCC16応募をお考えの皆さま、多数のお問い合わせ、ありがとうございます。お問い合わせ状況を鑑みて

BPCC16締切延長しました:8月5日(金)12:00までといたします。この日時までに必ずお送りください。
到達がご心配な方は、事前に応募意思があることをbpc@mit-vf.jp にお送りいただくと確実です。

http://mit-vf.jp/bpcc/bpcc16about/
http://mit-vf.jp/bpcc/bpcc16applydetail/

MIT-VFJ BPCC16事務局

月例セミナー報告:資本政策と財務・ファイナンス戦略論101

akiyama.jpg
MIT-VFJの本橋です。7月23日(土)に月例セミナーM33を開催しました。講師には、長年MIT-VFJメンターをしていただいている秋山智紀氏が登壇しました。当日受付での来場も多数あり、会場がほぼいっぱいとなる60名の参加となりました。スタートアップ企業は資本政策・ファイナンスをわりとおろそかにしてしまう、といわれていますが、「そういうことがあるんだ!」ということを知っているだけでも大きく違います。投資ラウンドにおける契約条件などの細かいテクニックもありますが、そもそも創業者としての持分などの考え方など、起業当初でも大事な知見があります。これから起業されるかたにはぜひ持ってもらいたい知識と考えています。

今回から、場所が大崎になりました。会場スポンサーとして、品川産業支援交流施設SHIPで行いました。SHIPはシェアオフィスや工房があるベンチャーインキュベーション施設となります。開催前に見学も行いました。
9月、10月、12月と今年のM33はこちらで行います。とてもきれいで最新の設備がそろっています。どなたでも会員になれるとのことですので、ぜひ一度お越しください。


http://www.ship-osaki.jp/space/

今回から、オンラインチケッティングサービスを利用しております。Peatix及びEventRegistで登録可能です。受付の混雑緩和のため、ぜひご利用ください。領収証もオンラインで発行されます。

活動報告:奈良先端科学技術大学院大学EDGEプログラム

image
MIT-VFJの本橋です。7月16日(土)は奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)のEDGEプログラムでセミナーをしてきました。EDGEプログラムとは、文部科学省が行うグローバルアントレプレナー育成促進事業のことです。いくつかの大学で、それぞれの大学のカラーを出しながらプログラムを作っています。NAISTでは、IoT(Internet of Things)をキーワードにして、プロトタイプも作りながら、新しいビジネスの検討をしているそうです。

http://geiot.jp/

2004年から毎年、NAISTではなんらかのセミナーをしているのですが(13年目です!)、今年初めて、場所がNAISTではなく大阪イノベーションハブ(OIH)で行いました。足を踏み入れたのは実は初めてです。

http://www.innovation-osaka.jp/ja/

セミナーについては、6月のM33月例セミナーとほぼ同じ内容で紹介してきました。参加者はほとんど学生でしたが、よく勉強していて、こちらからの質問にもたくさんの手が上がっていました。また、セミナーの後には、それぞれのチームからショートプレゼンをしてもらい、コメントを行いました。すでにプロトタイプを作っているところ、またフィールド調査に出かけているところなどが複数あり、かなり積極的に進めていることが判りました。IoTということでモノ作りがほとんどのようでしたが、内容的には必ずしもモノでなくても(たとえばスマホアプリでも)いいものもありましたが、それぞれ工夫してプロトタイピングしているのが印象的でした。技術的な工夫がされているもの、もしくは、技術としてはシンプルなものもあり、特許についても検討されているチームもありました。

7月30日(土)に発表会があり、再び訪問して、審査員を担当する予定です。一般のかたも参加できるようです(下記のページ)。ご興味があるかたはぜひどうぞ。

http://edgeprogram.jp/program/u-naist-2016-h28-presentation/

image