ベンチャー支援を15年以上続けているNPOです

土生哲也氏 HABU, Tetsuya

土生特許事務所 代表 (http://www1.cts.ne.jp/~habupat/

1989年京都大学法学部卒、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行。1995年同行の新規事業支援室の創設メンバーとなり、 知的財産権担保によるベンチャー企業向け融資制度の創設に携わる。
1998年 同行より新規事業投資(政府系ベンチャーキャピタル)に出向、10社強のベンチャー投資を手掛け、これまでに4社が IPOを実現。2000年弁理士登録、2001年日本政策投資銀行を退職して土生特許事務所を設立。現在は、金融業、流通業、 ITベンチャーなど特許に馴染みの薄かった業種を中心に、知的財産関連のコンサルティング・出願業務を行っている。

第14回セミナー&ネットワーキング

第14回日本エンタープライズ・フォーラム ベンチャー企業成長支援セッション

第2回 成長企業の知的財産戦略  土生特許事務所 土生哲也氏

12月のフォーラムでは、ベンチャー事業成長支援セッションの第2回として、「ベンチャー企業が企業価値を高めるための知的財産戦略の構築」をテーマに掲げ、弁理士の 土生(はぶ)哲也氏にレクチャーをお願いしております(下記参照)。また前回に引き続き、今までビジネスプランコンテスト・イン・ジャパンで入賞された起業家をお招きし、 事業の近況報告をお願いしております。 ご都合の許す限り、この有意義なフォーラムに参加くださいますよう、ご案内いたします。

■レクチャーのテーマ■

知的財産重視の時代背景の下、企業経営においても知的財産のマネージメントが重要なテーマとなっています。 我が国において、これまで特許を主とする知的財産業務は成熟した大手メーカーを中心に行われ、権利の取得が 自己目的化する傾向にありました。しかしながら、知的財産のマネージメントも、本来は「企業価値の向上」という 企業経営の目的に沿ったものであるべきです。また、ベンチャー企業などの成長企業は、自らのリソースにあった マネージメント手法を導入する必要があります。今回のセミナーでは、成長企業の性格に合った企業価値向上の ための知的財産戦略について、土生氏より説明いただきます。

■ベンチャー企業成長支援セッション■

日時: 2002年12月12日(木)18:30-21:00

場所: 天王洲セントラルタワー27階ホール
URL:http://www.tennoz.co.jp/company/data/0049.htm

  

寺石 雅英 氏  TERAISHI, Masahide

群馬大学社会情報学部教授 

1961年埼玉県大宮市生まれ。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。名古屋商科大学商学部助教授、群馬大学社会情報学部助教授を経て、現在同大学教授。この間、郵政研究所、日本資産流動化研究所、建設経済研究所、道路経済研究所等の客員研究官や研究委員、国際ベンチャー企業協議会監事、創業・ベンチャー国民フォーラム顕彰委員会関東部会長、実践経営学会理事などを歴任。2001年には、国立大学教官として日本初のJASDAQ上場企業の社外監査役にも就任する(株式会社エスイー)。

専門は、ファイナンス論、起業論、交渉論。大学では「経営学」「ファイナンス論」「ベンチャー創造の人間学」「必勝法の経済心理学」「かけひきとつきあいの科学」、大学院では「企業・産業分析スキル」「ビジネスプラン策定スキル」等の科目を担当する。主著に、『現代経営学』(同文舘)、『ベンチャー創造のダイナミクス』(文眞堂;平成13年度中小企業研究奨励賞受賞)、『環境変化と企業経営』(同文舘)等がある。

第13回セミナー&ネットワーキング

群馬大学社会情報学部教授 寺石 雅英氏: 起業家の意思決定バイアスとベンチャー倒産
13回日本MITエンタープライズ・フォーラムベンチャー企業成長支援セッション
1回 ベンチャー事業展開に潜む経営判断の罠 開催のご案内

■ベンチャー企業成長支援セッション■

日時: 2002年10月31日(金)18:30-21:00

場所: 株式会社 三菱総合研究所 セミナー室(大手町本社ビル2F)
〒100-8141 東京都千代田区大手町二丁目3-6
URL:http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html

次第:

18:15-      開場
18:30-19:00 ネットワーキングの集い
19:00-20:20 寺石 雅英教授による講演
20:20-21:00 株式会社ナック 事業近況報告
21:00      終了

第2回ビジネスプランコンテスト・イン・ジャパン 

目的

■歴史と実績のある日本MITエンタープライズ・フォーラム + 50Kプログラムの日本展開
■テクノロジー分野にターゲット
■グローバルなレベル・視野でのビジネス展開

スケジュール

2002年3月 募集開始
2002年8月 コンテスト + 表彰

コンテストの概要

実施概要
スケジュール表
キックオフミーティング
公募要領(PDF)

記入要領

第一回審査

審査結果詳細

第二回審査

審査結果詳細

最終審査結果発表会

開催のご案内

最終審査結果報告

審査結果詳細